読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有美香のブログ(模索中)

大阪でウェブデザイナー?として働く有美香の日常を積み重ねていきます。方向性は模索中。

簡単にギザギザの吹き出しをつくれる!

デザインの中で、強調したいときに使う効果の1つ「ギザギザの吹き出し」。
「SALE」とか「キャンペーン」でよく見掛けますね。

f:id:yumikax:20150524070556p:plain

出典:新品・中古ゴルフ用品 ゴルフクラブ通販|GDOゴルフショップ

私も勢いや元気さを表現するときに使います。
今回は、そんな「ギザギザの吹き出し」をillustratorで作るお話です。

吹き出し素材専門サイト「フキダシデザイン」吹き出し素材専門サイト「フキダシデザイン」

吹き出し素材専門サイト「フキダシデザイン」さんのように、無料で多様な素材を提供してくださっているサイトもあります。
しかし、形が上手く当てはまらないこともしばしば…。
そのときは素材を加工させてもらうのですが、逆に時間が掛かってしまい、最初から自分で作った方が早かったのでは?なんて思うこともあります。

f:id:yumikax:20150524070616p:plain

とは言え、この「ギザギザの吹き出し」作ると結構手間が掛かります。
【図1・右】のようにカクカクで良いなら簡単なのですが、…見ての通り残念な出来です。
だからこそ、吹き出し素材専門サイト「フキダシデザイン」さんのような素材サイトさんは重宝されるわけです。

「パスの変形」を使えば簡単に作れる!

f:id:yumikax:20150524070642p:plain

【図1・左】の吹き出しは、なんとワンステップでギザギザにしました。
オブジェクトを適当に1つ作成して、効果を適用させます。
使うのは「効果(C)」→「パスの変形(D)」→「パンク・膨張(P)」。
この数値をマイナスにするだけです。
ちなみに、数値をプラスにすれば丸い吹き出しになります。これも便利!
この丸い吹出しの使い方は、後日紹介しますね。

ギザギザの数はオブジェクトのアンカーポインで決まります。
数値もマイナスを大きくすればするほど、びょーん!と伸びます。

是非、みなさんもお試しくださいね。